老人ホームの特徴と費用|介護付有料老人ホームのサービス内容や生活を充実させる娯楽

老人ホームの特徴と費用

介護

介護付有料老人ホームとは

介護付有料老人ホームとは、介護が必要な方のためが居住できる施設です。こういった施設は広島市にもあります。入浴や排泄、食事のサポート等、日常生活をサポートしてくれます。「介護専用型」と言って要介護の方の居住が基本なのですが、例外として、健常者でも入居できる「混合型」と呼ばれる施設もあります。

介護付有料老人ホームの特徴

広島市にも存在する介護付有料老人ホームは民間企業によって運営されていることがほとんどです。その為、サービス内容や設備なども老人ホームによって様々で、それに伴い料金も異なります。生活保護費内で納まる料金体系のところもあれば、入居に数百~数千万かかる老人ホームも存在しています。

「介護専用型」と「混合型」の違い

介護専用型は要介護度1以上の方が入居対象者となっており、自分自身で日常生活が送れるような自立している方は入居ができません。一方混合型は、要介護者と要介護認定されていない方、どちらの入居も可能となっています。その為、夫婦で同時に入居される方々もいらっしゃいます。

費用はどのくらいかかるのか

費用の支払いパターンは2種類あります。・入居時費用+月額料金・月額料金のみ(入居時無料)入居時費用を払う必要がある施設の場合、払う必要が無い施設に比べて月額料金が安くなる場合が多いです。施設によって料金は違いますので、入居者の資産状況や、施設に対するこだわりに見合った場所を探すと良いでしょう。

広告募集中